失敗だけはしたくない!賢い火災保険の選び方

保険で何を守りたいのかを真剣に考える

住宅メーカーなどに勧められたまま入ってしまいがちな火災保険。その保険で本当に大丈夫でしょうか。万が一、火災の被害にあった場合、家を失い住宅ローンだけが残るなんて最悪のケースだけは免れたいものです。そこで、まずは、保険で何を守りたいのかを考えましょう。もし、一戸建てを所有している人であれば、建物は守らないといけないですよね。一方、賃貸マンションなどにて生活している人が守らなければならないのは家財です。最初に保険の対象を決定することが大切なのです。

次に決定すべきは補償範囲!

何を守るのかを決定したら、次には何から守るのかを決定するのが得策です。火災保険というネーミングのイメージから、補償の適用範囲は火災のみと考えがちですが、プランをよく見ると、「火災」、「落雷」、「風雪被害」、「水害」など色々タイプがあるのです。もちろん、補償範囲を広げるほど、保険料金は高価になって行きます。自分耐えたい安心感と、保険料のバランスをよく考えることが、火災保険の選び方では大切なことなのです。

補償額を決定するのが悩ましい

最後に検討すべきなのが「補償額」です。戸建て住宅などであれば、保険会社以外の第三者機関によって建物の評価額が決定されて、補償額が決まってきます。また、家財について補償する場合は、実際にいくらになるのかを計算するのは結構悩ましいものなのです。一般的に火災保険会社では、家族構成や年齢によって家財の評価額を一覧にした「簡易評価表」というものを用意しています。これを参考にすれば良いでしょう。最後に、地震という災害についても考えておいたほうが良いでしょう。火災保険では地震に関しては補償されません。地震保険と火災保険のトータルの料金を見ながら、地震保険の加入を検討すると良いでしょう。

火災保険は、地震、津波、噴火などの大きな災害については保険がきかなく地震の場合は地震保険に加入します。