今や日本だけではない!活躍する声優さんになるには

声優になるにはとても難しい!

日本のアニメなどは世界でも放送されるようにとても人気があります。アニメのキャラクターの声をしている人のように声優を目指す人も少なくありません。しかし、実際になるにはとても厳しい難しい職業の一つとも言えます。なぜなら、年間に合格してプロと呼ばれる世界に出れる人が圧倒的に少ないからです。年間約8000人がオーディションに出ますが、合格して更にその後に様々な事務所と契約できるのは30人と約0.05%の人しかたどり着けません。それでは、実際に声優になるにはどうすれば良いのでしょうか。

声だけではなれない!それ以外にも必要な事

声優さんは簡単に言えばそのキャラクターになりきる職業ですので、テレビに出る俳優さんと変わりはありません。当然声だけでは立派な声優さんにはなれません。まず求められるのが進む道が間違っていても違う道を探していく行動力、沢山のオーディションを受けることになり、落ちる事でしょう。絶対に合格してやる!という強い諦めない気持ちが大切です。そして国語能力です。漢字などではなく、文章からキャラの心境などを汲み取れる能力が求められます。当然職場での働きになるので様々な人と関わりあえるコミュニケーション能力、体調を崩しては影響が出やすい職業ですので自己管理能力なんかも求められます。

実際になる為にどうすればいいのか

声以外の必要なことも心配なしと思える方は積極的に養成所や専門学校に通うことをお勧めします。声優になるには正しい道はなく、色々な道から目指せます。高校卒業して専門学校に通い学ぶ方法もあります。学校は少し抵抗があるという方は養成所に行ってレッスンを受ける道もあります。しかしここで早く声優になりたいと思って中卒で目指すことはやめましょう。確かに養成所に入れる所もありますが、社会性が無いと判断されるので高校卒業後から目指しましょう!

声優の養成所の魅力として、卒業後のサポートの内容が優れていることや、一流の講師陣からアドバイスを受けられることがあります。