こんなに有利!まずはNISAで株を運用してみよう!

初心者にはわかりづらい税金のこと

昨今、日本では様々な税制が導入されていますが、金融市場もその仕組みは年々変化していることに加えて複雑な構造を持つことから、どうしても初心者などには縁遠い印象を受けてしまいます。基本的な税率は時限的には固定されていますが、株取引に関してはその割合も20.315%という高比率で細かい数値であることから、やはりどうしても株取引を始めたいと思っている人にとって、大きなハードルとして立ちはだかることになってしまいます。

NISAは個人投資家に対する救いの手

こうした税制上の複雑さから、株式市場にはどうしても初心者が立ち入れないような壁がありました。しかし、市場活発化を目的としてこうしたハードルを無くそうと近年創設されたのが、「少額投資非課税制度」すなわちNISAなのです。このNISAは、開設した口座で行った株取引に関して、一定金額まではその税金が免除されます。決して高い金額ではありませんが、これから株を始めようという人などにとっては、その入口としてこれほど優遇的な制度は無いと言っても良いでしょう。

NISAに対応する口座を開くための注意点

NISAを利用するに当たって、注意しなければならない点が一つあります。それは、NISAに対応できる口座は一人あたり一つの金融機関のみに限られるという点です。いくつもの金融機関にNISA対応の口座を持つということはできません。そのため、どこで口座を開くのかをよく吟味しなければなりません。まずは自分が取引したいと思う銘柄を扱っているのか、売買手数料は他と比較してどの程度なのかという点については、最低限把握するようにしておきましょう。

株式の信用取引の金利の特徴をじっくりと見定めることで、安心して魅力ある投資先を決めることが出来ます。